連絡欠勤は比較的簡単なアルバイト

日常生活では、たまに不測の事態が発生する場合があります。例えば急病ですね。ご家族が病気になってしまえば、もちろん看病などが必要になります。また本人の体調不良なども、大いに起こりえるのですが。
ところでアルバイトは、その急な事態の時でも比較的簡単に欠勤できるのがメリットです。会社に電話をして事情を説明すれば、欠勤が許可されるケースが多いです。無断で欠勤するのは問題がありますが、会社に断れば問題ない事が多いですね。
ところでアルバイトというのは、時給です。同じく時給で働いる雇用形態に、派遣社員があります。その雇用形態の場合、上記のような連絡欠勤が許可されない場合があります。アルバイトの場合は連絡をすれば欠勤はできますが、派遣の場合は困難なのですね。その意味では、派遣はアルバイトよりやや不利な一面があります。
つまり不慮の事態での欠勤が比較的簡単なのが、アルバイトという働き方のメリットの1つという訳です。