進学に力を入れている学校

大学受験をする時に、私は塾に通わなかったのですが、周りのクラスメイトも通っていませんでした。
私が通っていた高校は私立で、私が入学する数年前に特進を設置したばかりでした。
特進としての成果を出そうとして、先生は関関同立を中心として合格実績を作るのに必死でした。

その為、授業も一日7時間目までありましたし、受験を意識したレベルでの授業をしてくれました。
夏期補習、冬期補習などもしっかりとやってくれ、学校に任せて勉強している状況でした。「

私の弟は難関国立大に合格したのですが、その学校でもやはり塾に行く人は少数だったようです。
進学に力を入れている学校では、学校で塾の役割まで果たしてくれます。
受験のレベルに応じた勉強を学校で受けられるのはとてもありがたいことでしたし、進学に関しても親身になって考えてくれる教師ばかりでした。

そういった高校を選んで進学したことが、自分の大学受験が成功した大きな要因だったと思います。