進学塾でのアルバイト

振り返れば学生時代はいつもお金に事欠くような生活でした。そのため学生向けのアルバイトを紹介してくれる施設に、よく通ったものです。そこで紹介してもらったのが、進学塾の講師のアルバイトでした。自分自身も中学生のころ、大手の進学塾に一年だけ通ったことがありました。そのころも大学生のアルバイトの講師にお世話になったのですが、やはり人によって教え方の得手不得手があるようです。自分がアルバイトにのぞんだときも、当時のことを思い出しながら仕事をしたものでした。仕事とはいえ、人間、どうしても性格的に合わない場合もあります。同じ教え方をしているのに、生徒の反応が違うこともあり、悩んだこともありました。アルバイトとはいえ、やはり相手の立場に立った指導が必要であることを痛感しました。それでも生徒たちの受験の結果を知ったときは、こちらも自分のことのようにうれしくなったものです。今も学生生活の忘れられない思い出です。