遅刻しないように必死

大学といっても、高校の時と同じような光景だなと思ったのが、朝のラッシュです。とくに、校門の前の交差点は、すごい勢いで生徒たちが自転車をとばしていくので、危ないと思うほどでした。
大学の授業には、レポートを提出すれば評価がもらえるものや、テストをうけて合否をきめるものがいっぱんてきです。

が、出席を授業の最初にとる授業もあるので、そういう授業をとっているばあいは、荒れだけ急がないと、おくれて遅刻扱いになってしまうのです。
それから、授業の最初にいるせいとにしか、プリントを配ってくれない先生もいたので、授業が始まる前に席についていないと、テストのための勉強に必要なプリントやレジュメがもらえないので、急いで授業に間に合わなければ、進級にもかかわってきてしまうのです。
それからテスト前になると、先生がどの分野から設問を出すかや、テストで問われるレポートの題材を発表することがあります。

なので、それを聞き逃さないためにも決して遅れられないのです。