運送業者を手伝ったこと

運送業者の仕事..と書かれていた業務内容の会社がアルバイト募集をしているのです。運送業者と言えば大手の何社かくらいしか思いつかないのですが、そんなマイナーな運送業者があるのかどうか疑問だったのです。

ですが、アルバイトの時給も最低賃金よりも多少高かったので、面接に行ってみました。私のように仕事を使用かどうか迷っている人が結構多かったのか、面接に来る人は少なめだったのです。

その事もあり、私がアルバイトに採用され仕事を開始することができました。運送業者の仕事は、意外な事に私達が何度も利用している大手の運送業者の仕事でした。これを下請けをしているのが、私がアルバイトをする企業なのです。

なので、配達までの時間もシビアだし、限られた地域の配達マップなども事細かに書かれています。時間指定の配達物を中心に、遅れないように配達ルートを細かく作っていかないと間に合わないのです。

ただ、私が考えていた仕事内容よりも忙しめだったため、あっという間にアルバイトの時間が終了するのです。