過去問を解く大切さ

受験勉強として、知識を詰め込むのは前半戦でのこと。後半戦は主に、過去問を解くことで試験の傾向を知り対策を練るのが、推奨される受験への準備というものです。
過去問というのは、当然過去その試験で出された問題ですので、これから先同じ問題が出るとは限りません。しかし似た形態の問題は、確実に目の前に現れるでしょう。それに備えるために過去問を解くことが大事なのです。
そして過去問を実際の試験と同じ形で挑むことで、試験のリハーサルというものも行うことができます。必死で問題に解答しているときは、時間の流れなど認識できなくなってしまうものですから、あらかじめペース配分というものを頭と体に叩きつけて、時間内に全ての問題に目を通せるように調整していきましょう。
過去の試験問題はそれほど厳重に管理されているというものでもなく、学校や試験に対応した参考書やテキストから入手することができます。できる限り回数をこなして、本番に向けて試験への土台を作ってみてください。