過酷な新歓

サークルにとってその年度の命運をかける新歓!
私が所属していた軽音サークルは、私が2年生のときに新歓に失敗し、新入生が2人しか入ってきませんでした。ですので、3年生にあがった年の新歓はかなり気合が入ったものでした。
まずは新歓ブースと呼ばれる、入学式前後に設置するブースの場所取り。これは朝早く幹事長君に並んでもらって可もなく不可もなく・・・な場所をゲットしました。
次にビラ巻き。これは手の空いた人が他サークルに埋もれないよう声をあらげて、ビラを配るという作業・・・新入生たちは大半がうっとうしそうにこれを受け取ります。
そして、一番重要なのが新人歓迎ライブです。各サークルの代表バンドが集まって、他のサークルと合同でライブイベントを行うのですが、やはりかっこいいバンドがいるサークルに新入生は集まります。そのために我がサークルでもどのバンドが出演するかオーディションを行ったり、それに向けて練習をしたり・・・。とにかく一番の花形であり、一番大変な仕事です。
これを終えて、ようやく新歓飲みにありつけるのですが、結構ハードな飲み会をする学校だったので駅前では酔いつぶれた先輩であふれていました。当時は大変でしたが、今となってはもう一度やりたい!そんな思い出です。