過酷な着ぐるみバイト

私が今まで経験した中でいちばん過酷だったアルバイトは、遊園地の着ぐるみバイトです。
かわいい見た目とはちがって、本当に大変な仕事でした。1日だけの仕事でしたが、その疲労感は半端なものではありませんでした。
季節は7月下旬だったので、普通に生活していても暑くて汗がにじむような季節でした。着ぐるみの中は、体感温度で40℃は超えていたのではないかなと思います。蒸し暑さですぐにフラフラになってしまい、こまめに水分休憩をとりましたが、何度か脱水状態になりかけて倒れそうでした。
うさぎの着ぐるみを着て子供たちに風船を配っていましたが、ただ配るだけでは終わりませんでした。いっしょに写真を撮りたがる子供を抱っこしたり、興味本意で蹴ってくる男の子をいなしたりと、プラスαの動作が多くかなりこたえました。うさぎらしいコミカルな動きもしていたので、立っているだけでもしんどかったのですが、ずっと荒く息をしていました。
楽しそうだなと思って軽い気持ちで応募したバイトでしたが、あんなに大変だと思わなかったです。何事も経験してみないとわからないなと痛感しました。