選挙期間中のアルバイト

選挙期間中には、選挙事務所において何人ものアルバイトを雇うことになります。あまり派手にお金を使う事は難しくなってきたようですが、広報活動をする上ではある程度の人数が必要になってくるのです。

選挙カーを運転するドライバーから、演説をしているときにハチマキをして手を振る担当者が複数人必要となります。ボランティアで運動に参加してくれている地域の人たちも多いのですが、その人達だけでは、運動員は足りないのです。

足りない運動員で選挙活動を戦う人もいますが、やはりアピールの度合いが少ないと当選する可能性は低くなることが分かっています。

選挙の場合には、どこの候補者でもある程度のアルバイトを雇うようなので、別の友人が他の候補者の選挙事務所でアルバイトしてることがあります。連絡を取り合うと仕事内容がかなり変わってきたりして面白い事が分かってきます。

雇い主の候補者が当選すると、何故だか仕事の充実感を感じることができるし、落選してしまうと給与をもらうのが申し訳ないように思えるのです。