選考の反省点

就活は、なんとなくやっても効果は見えてきません。反省を何回もすることで、やっと成果が出てくるのです。
どうして落とされたのか、逆に、何が良かったのか、反省することで見えてくるものがあるのです。
しかし、難しいのは、反省してばかりも駄目だということです。
選考で落とされたとしても、それが自分のせいとは限らないからです。
会社とは相性だという人がいますが、確かにそうだと思います。
自分が悪いというよりも、相性が悪いから落ちたということもありえるのです。
どう頑張っても反省点が見つからない場合は、もしかしたらそれが原因かもしれません。
相性が悪いのを反省しても仕方ないので、もしそうだと思ったら、スパッと諦めることが大事です。
つまりは、考えすぎはいけないということです。
相性が悪い会社に入っても苦労するでしょうから、親切に落としてくれたと考えると、楽になると思います。
反省すべき点は反省しつつ、そうでない場合は早めに見切りを着けましょう。