遺跡発掘のアルバイト

知り合いと話をするとき、ちょっと変わったアルバイトをしていると興味を持って面白く聞いてもらえます。私は遺跡発掘のアルバイトをしていましたので、その話をすると、「恐竜とかの化石を掘るの?」なんて聞かれたりします。話をするうえで食いつきやすいのでしょうね。でも、実際は恐竜とかではなくて、昔の人が住んでいた痕跡を土の中から探るのが通常の遺跡発掘のアルバイトです。遺跡を掘ると縄文時代とか弥生時代とかの土器がたくさん出てきたりします。遺跡発掘のアルバイトは大きく分けて内勤と外勤があります。内勤は建物内での作業で、外勤は野外での作業になります。遺跡発掘と言えば、外勤のイメージがあるでしょうが、結構、内勤の仕事もあるのです。出てきた土器などの遺物の洗浄や整理、土器などの復元や測量図面の整理などいろいろと作業はあるのです。外勤は遺跡を掘る作業員と、その作業を指示する調査員や技師、それに調査員を補助して、測量業務などをする補助員から成り立っています。このうち作業員か補助員がアルバイトの仕事です。