部活に燃えた4年間

大学は常にバレーボール中心の生活でした。一つでも上のリーグを目指し日々練習。少ない時間の中でどれだけ成長できるかが楽しみでした。
部活に入ると縦のつながりも生まれ、大学生活の役に立つ事が多かったです。どの講義がいいのか、どの教授の講義が楽しいかなど様々な事を教えてもらいました。おかげで、部活以外の学生生活も満喫できました。
また同じ学科の先輩には、教科書などの必要な物を貰えてラッキーでした。教科書にはテストに出た所などのメモがあって助かりました。部活に集中し過ぎて単位を落とさないか心配だった部分もありましたが、追試はほとんど受けず無事卒業する事ができました。今でも感謝の気持ちでいっぱいです。
たいしてバレーボールが強い大学ではなかったですが、やっている人間が燃えていると自然と向上心が生まれてきます。そんな部活はやっていて将来的にも自分の財産になるのではないでしょうか。現在でもたまに集まっては飲み会などを催し、在校生との交流の場所にもなっており、部活に汗を流した4年間は良かったと思っています。