部活動は受験の邪魔になるのか

私は中学時代は帰宅部で、授業が終わるとすぐに家に帰りゲームをするという生活でした。そして高校受験の日が近づいてきても、その堕落した生活からはなかなか抜け出せなかったのです。2年以上同じようなペースで生活を続けることで、「ここ」という刺激あるポイントがありませんので、なかなか気持ちを切り替えられなかったのだと思います。
高校に入るとスポーツ部に所属しました。そして大学受験が近づくとみるみるやる気が出てきたのです。というのも、「受験勉強は部活が終わったとき」という気持ちを切り替える明確なポイントがあり、そのことを部活を始めた当初から意識していたので、いわば「反抗できない義務」のような形ですんなりと勉強に取り組めたのです。
部活の良い効果はそれだけではありません。一、二年生のときも部活が生活のペースメーカーとなり、メリハリある生活を可能にしてくれたのです。
帰宅部の方が時間が取れて受験に有利という考えも確かに納得いくものですが、自分の性格と相談の上で判断した方が良いのだと思いました。