野球のスタジアムでサンドイッチを売る

私の住んでいる県内には、プロ野球のオープン戦などを行う球場があります。それほど多くの観客が収容できるスタジアムではありませんが、県内では最大級なのです。そこで軽食を販売するアルバイトを募集していました。

試合が行われるのは週末だけであり、試合のある日だけしかバイトはありません。なので給与は少ないのですが、逆に別のアルバイトと掛け持ちをする事ができるのです。私はその時には食品スーパーでレジ打ちをする仕事をしていたので、丁度よいバランスだったのです。

売る食品はサンドイッチやアメリカンドッグ、ナゲットにおにぎりでした。ドリンクも販売はしているのですが、大量に商品を持つと腰が痛くなるので少量だけ持って、何度も往復するのです。試合開始前にはさほど売れない軽食ですが、七回裏あたりになると売れ始めます。

それが分かっているので、売れない日であっても落ち着いてお客さんの目線に入るようにサンドイッチを見せて歩くのです。