野球サークルでマネージャをしていました

私は大学の時に野球サークルでマネージャーをしていました。
高校は女子高でしたが、甲子園が大好きで大学生になったら野球のサークルに入りたいと思っていたので、迷う事なく参加する事にしました。
私が入っていたサークルは甲子園出場者から初心者まで多くの人が参加していたのですが、練習は真面目で多くの大会にもエントリーをしていて、まるで部活動のように青春していたと思います。
マネージャーは思ったよりもやる事が沢山ありましたが、楽しんで参加していました。
特に勉強したのはスコアブックのつけ方です。野球のルールはある程度はわかっていましたが、スコアをつけるという事は全く初めてで先輩に教えてもらいながら、必死に勉強しました。
また試合前は合宿に行ったり、大会で良い所まで進んでも優勝ができなければ涙も出ました。
それまで自分自身でスポーツに打ち込む事は無かった上に運動音痴の私は野球をするサークルのメンバーに頑張る事を教えてもらえて、サークルでしたがとても根性がついた良い思い出です。