長距離配送の担当者

最近は毎日、ネットのアルバイト募集サイトを見るようになりましたが、その募集にトラック運転手という職種があったのです。私は、以前の仕事で商品の配送をしていたことがあります。港まで行ってコンテナからトラックに商品を移し替えて店舗に配達するのです。

そのような仕事だと思って面接に行きました。扱う商品は飲料水という事で、かなり重い荷物を出し入れする疲れる仕事ではあるようです。ただ、そこにはパレットや電動ホークが設置されているので、汗を流すことなく手早く商品の搬入作業が完了するということです。

それを聞いて断然やる気が出てきました。トラックの運転の仕事は、車で何時間も走ることはそれほど苦ではありませんが、出し入れをするのが手間なのです。全てが手動になると汗だく状態になって、疲労度が蓄積して車の運転の安全面に影響するのです。

今回のアルバイトは、割と楽なルートの移動ではありますが、搬入口の前で長時間待つスケジュールがいくつもあってストレスが溜まるのです。