集中力を伸ばすよりも細かく休む

受験勉強で一番辛かったのは学力が上がらないこともそうですが、それ以上に集中力が続かないことです。
人間に集中力は90分くらいが限界とされていますからそれ以上の勉強時間は返って勉強効率を落とします。
しかし、受験本番では2時間の試験時間もそれ以上もありますから、現実的には2時間以上の集中力が必要になります。

人間の限界を突破する必要があるというつもりはありませんが、試験時間は調整しようがありませんから対策を打つ必要があります。
とはいっても別に特別なことは必要ないと思います。

要するに90分集中力を持たせることは出来るのですが、そう考えるとその90分をギリギリまで伸ばすよりも60分確実に集中する方が良いことが分かります。
人間限界まで何かをやって休憩してもすぐには切り替わりませんから、60分集中して5分くらい休んでまた60分集中するというやり方が一番心理的にも楽だと思います。

90分間は無理でも60分間ならば何とかなりそうな気がしませんか。
要するに細かく分けて、こまめに休憩を取るのが一番だということです。