雪が降ると思い出します

雪が降って来ると思い出すことにはいろいろあると思いますが、私の場合、その一つが受験でした。センター試験を受けた時のことです。センター試験の時期は日本各地で雪が降りやすい時期に当たるため、たいてい雪による問題が起こります。電車の遅れとかそういった類のものです。しかし、私の住んでいる地域は心配ありません。降らないことはありませんが、積もるということはまずありません。積もったとしてもお昼頃には全部溶けてしまっているということが多い地域なのです。なので、全く心配していませんでした。しかし、私のその期待は見事に外れます。例年では考えられないくらい降ってくれたのです。その雪の量は私が小さかった頃にあって以来の量でした。
本来であれば、珍しく積もった雪に遊びたいと思ったでしょう。ですが、その日はセンター試験。そんな気持ちなんて微塵も浮かびません。朝から早いのに大変なことになったと、嘆かされました。雪が降るとあの年の大変だった一日が思い出されます。