青春の思い出です

大学時代の思い出といえば、サークルのことばかりが思い出されます。それほどに大学生活の中心を占めていたのがサークルでの活動でした。
私はダンスサークル、しかもモダンバレエのサークルに所属していたのでメンバーのほとんどが女子という環境でした。もともと女子校育ちでしたので、共学の大学に入学したものの、なかなか共学の雰囲気になじめず、むしろ女だらけのサークルの方が居心地がよかったのかもしれません。
サークル活動は毎年行う発表会と学園祭に向けての練習の他にも、サークルのメンバーで毎日のように誰かの家でホームパーティをしていました。ホームパーティといってもおしゃれなものではなく、鍋パやタコパ、焼肉、お好み焼きなどをみんなで囲み、お酒を飲みながらワイワイしていました。テスト前はそのままみんなで勉強です。
こうやって思い出してみるとサークルの仲間とは家族と言ってもいいのではないかと思うほど、練習の時間以外も一緒に過ごしてきました。だからこそ、卒業後なかなか以前のように会えなくても、久しぶりに会えば昨日もあっていたかのように再会できるのかなと感じています。