面接の面白質問

会社によっては面接の際に、とても面白い質問をするのだそうですね。ドラえもんの道具で一番欲しいものは何かとか、透明人間になったら何がしたいかとか。到底就職とは関係のない問いを出されることもあるのだといいます。
そういう質問は、答えはどうでもいいのかもしれません。勿論ものすごくユニークな答えを出したのなら、それによっていい評価がつくこともあるのかもしれませんが、大抵はいきなり思っても見ない質問をされて面白い答えが浮かぶことは無いでしょう。その打ち合わせ無しの素顔を、企業側は見たいのかなと感じました。
面接中思いも寄らない質問が飛び出してきた時の対処法は、とにかく真摯に答えることだそうです。わからない、知らないなどは厳禁で、面白くなくても自分の答えをしっかり伝えることが重要なのだと教えてもらいました。
私はいきなりの質問には動転して、当たり障りの無いことしかいえなくなってしまうタイプなので、もっとウイットに富んだ会話ができるように、話術を身につけていきたいと思っています。