面接を受ける際に気を付けたいと思った事

面接の終盤あたりに「何か質問はありませんか?」とこちらが聞かれる事があります。困ったなと私は思いました。たいして質問を用意していなかったからです。結局その場を取り繕うような適当な質問を2つ3つして、面接をしてくださる方がとても寂しい顔をされたのを覚えています。帰宅してから今度は、あれも聞いておけば良かった、これも聞いておけば良かったと後悔しました。例えばパソコンは「MACかWINDOWSか?」や「ソフトはドリームウィーバーを使っているのか?」など、聞いておけば採用された時にも、スムーズです。下手にやる気を見せて、会社の方針などを聞くよりも、このような「具体的な本当に知りたい事」を聞けばそれで良かったのではないかと思いました。次回の面接ではこの事をふまえて、質問を用意していった所、話もスムーズで残念な雰囲気にもなりませんでした。採用されるか否かは、様々な要素から決定されるものだと思うので何とも言えませんが、少なくとも後味の悪い面接だけは避けたいなと思いました。