面接官として面接をしてみて思うこと

就活の面接を見ていて一番思うのは回答が「言わされている」学生が多いことです。
確かに思ってもいないことを言う必要もありますが、全般的に「言わされている」回答では採用する側も判断に迷います。
そうなると最後は「その学生が今自分で決めて行動している」という気持ちが重要になってくると思います。

面接官も超能力者ではありませんからその学生の本当の気持ちまで見通せるわけではありませんが、それでも何人もの人を面接していれば何となく分かってくる部分もあります。
学生の上っ面だけの回答など一瞬で読み取る人も中にはいますから、そうなると面接に教科書通りの回答をするのではなく、「本当に思っていること」も重要になってくるわけです。

よく思わぬ質問を投げる面接官がいますが、それはこういった理由からどうもその人との内面が見えてこないというメッセージでもあります。
面接をするのは技能試験ではありませんから、受け答えに完璧など求めておらず、「この人と一緒に働きたいか」という当たり前のことを見ているのも面接だと思うのです。