面接官の言う「何か質問はありますか」について

面接をしていて、面接官が「最後に、何か質問はありますか」と聞いてくることがあります。慣れない時は焦ってありませんと言ってしまいがちですが、ここはぜひ質問をしてみるべきです。
しかし何でも質問すればよいわけではなかったり、ただ質問するだけに終わってしまうのも勿体無いです。企業に与えられた最後の自分をアピールできる機会ですので、ここは自分を押し出しながらも企業に感心を寄せる姿勢をアピールしてみましょう。
受け答えの例としては、「私はこのように働き貢献したいと思っているのですが、入社前に身につけておくべきスキルはありますか」といったものが無難かつ効果があります。これなら企業に入る熱意や自分が持っているビジョンが明確にわかりますし、業務に対して向上心を持っているという姿勢も伝えられるからです。
他にも給与や待遇など聞いておきたいことはあるかもしれませんが、こういった質問は参加者の多い説明会の時に聞いておくべきことです。
本番の面接では、自分の熱意や向上心が相手に伝えられるような質問を自分からしてみましょう。