面接対策実践編

面接対策において就職課で模擬面接を受けることは重要です。受けたい時に気軽に受けられるメリットは大きいものですよね。しかしこれにある程度慣れたら、一段階ステップアップした練習法をしてみるのもいいと思います。
それは本命の企業に受ける前に練習用に受ける企業を複数キープしておくということです。これは本命と同じ業界業種だと、また一から業界研究する手間が省けますしエントリーシートに記入した項目でも使いまわせるものが多いのでおすすめです。
やはり模擬面接と本物の面接は空気が違います。これは本命ではないと思っていても、つい焦ってしまう気持ちがあると思います。しかしその雰囲気に慣れて言動をスムーズにすることは、本命の企業に挑む準備としてはとても大切なのです。
面接はまずは第一印象、そして受け答えの内容よりも話し方によってその人を見ようとします。これは慣れないうちは会場の空気に圧倒されてしまって発揮できないことが多いですので、絶対に受かりたい企業の前に練習の回数をこなして自信をつけていきましょう。