鞄の専門店で接客する

春になると新入学シーズンで、新しい鞄を買うことになります。その時には来店客が増えるので、接客する人員を増やすためにアルバイトを募集することがあります。

私がアルバイトをしたショップは、巨大なショッピングセンターに隣接しており、割とお客さんも多かったのです。ショッピングセンター内にもバッグを専門に扱っているテナントが何軒か入っているので、ライバルのお店が目の前にある感じです。

それでもお客さんが集まるのは、品揃えの豊富さがあったからです。学生向けの手提げ鞄から、ビジネス用のスーツケース、そしてスポーツ用のエナメルバッグにリュックサックまで多くのニーズに応えるだけの商品がありました。

そこで接客をするのですが、私が話しかけるのは決まって小さなお子さんを連れたお母さんでした。弁当を入れる小さな手提げ袋に体育着入れに丁度良い袋、もしくは中学生がよく使うリュックサックのサイズを聞いてくるのです。

売れ筋のタイプを案内するとほとんどの人がその商品を買うのです。