音楽サークルについて

大学生の頃ジャズサークルに所属しており、他の音楽サークルとの合同イベントが気まぐれに発動されていました。
なかでも交流が深かったのは軽音楽部で、年に2度合同ライブを開催していたのです。
私は入学当初軽音楽部に入部したかったのですが、サークル見学会の期間中にインフルエンザを発症し、全日不参加となりそのまま入部を逃してしまったのです。
そのため、ジャズサークルに所属しながらも軽音楽部に対する憧れを強く抱いていました。
話は変わりますが、軽音楽部に所属している大学生というのは、大体一目見ると「あ〜」とわかってしまいます。
例を挙げるなら、赤いパーカーを着ていつもマスクをしている細身の男子学生はおそらく軽音楽部です。派手な柄のパーカーを頭にかぶり、黒色のだてメガネをかけているおかっぱの女子学生もおそらく軽音楽部です。
何というかファッションからも揺るぎないものを感じるので、何の特徴もない私はそれさえもうらやましく感じていました。
しかし入部したところで絶対に馴染めなかったと思うので、年に2度のペースで合同ライブを開催するのがちょうど良い距離感でした。