頑張らなくてもと言ってくれた言葉

私は高校生の頃、受験中心の生活を送っており、成績が思わしくなければ、かなり情緒不安定になることがありました。家族にあたったりしていたのですが、ある時祖母が「無理に受験しなくても良い。エスカレーターで大学に行ったら」と言ってくれたのです。

私の高校は大学の付属高校で、エスカレーターで大学という選択肢もありました。
大学は簡単な部類に入るものだったので、普通にしていれば100%大丈夫という状況でした。
祖母は私の受験で疲れている姿を見て、そういった言葉をかけてくれたのです。

当時はその言葉を聞いて、あきらめられるわけがないと思い、腹を立てました。
でも学校の先生、親などから、もっと頑張れ、頑張れとプレッシャーをかけられている中で、頑張らなくてもいい、苦しいなら無理をしなくて良いと言ってくれた言葉は、とても貴重なものだったと思います。

受験が上手くいかなくても大丈夫、そんなあなたでも良いんだよという言葉は、祖母からの愛情だと感じています。