食品工場でのアルバイト

私は今まで会社で経理などの事務の仕事をずっとしていましたが、体調を崩してしまったのをきっかけに退職することになりました。
新しい仕事を始める気持ちになかなかなれず、求人誌をペラペラとめくっていたときにたまたま目に入ったのが、日雇いの食品工場でのアルバイトの募集でした。
1日だけだし、気分転換にもなるかなと甘い気持ちで応募しましたが、そこは私が思っていた世界とはまったく違うものでした。
コンビニで販売されるサンドウィッチを製造するラインに配属されることになり、作業が始まりました。
周りにはベテランの方がついてくれて、私にやり方を教えてくれました。みんな簡単そうに作っているし、流れ作業でしょと簡単にできると思いましたが、同じテンポでサンドウィッチの具を置くのはとても難しく、私のせいで少しリズムが狂ってしまいました。
1日終わるころにはヘトヘトになってしまい、簡単な仕事だと甘くみていた自分が恥ずかしくなりました。
どんな仕事もやってみないとわからないし、とても勉強になるなと思った1日でした。