食堂で厨房に入ること

数年前に食堂でアルバイトをしていたことがあります。基本的にはウエイターの仕事ですが、ホール係にもう一人の女の子がいる時には、積極的に厨房に入って料理を完成させる手伝いをしていました。

お皿を出してご飯を盛って、味噌汁をお椀に入れるだけが私の仕事でしたが、そのうちに野菜を千切りしたり、カレーライスを温めたり、野菜炒めを作るようにまでなってきました。なので、ホール係なのか厨房係なのか良く分からない状態になりました。

お客さんの注文を聞き終わった後は厨房が忙しくなるのですが、その時には厨房に入ってシェフに変身し、今度はホールの方でお客さんが増えると注文を取りながら走り回ります。

なので仕事中に相当なカロリーを消費して、帰ったときにはグッタリ状態なのです。私としては、暇すぎてアルバイトの時間がいつまでも終わらないよりは、気合いで仕事が早く片付いて、落ち着いた方が良いと思うのです。

なので何事にも全力でやっていると仕事も早いし、回りからの信頼も厚くなって良いのです。