飲食販売系のアルバイト

飲食販売系のアルバイトが一番多かったんですが、唯一のデメリットは食べ物が常に周りにあること。
もともと食に対しての好奇心が旺盛で、食べ物見るだけでテンションうなぎのぼりする性分でした。
駅ナカのいろいろなお店が並ぶ中のお菓子屋さんでアルバイトしていましたが、
駅ナカはもう食のパラダイスなので、私にとってはうれしい悲鳴状態でした。

特に25日クリスマスの閉店後は売れ残り商品があると、いろんな店がいろんなものをくれて、
どっか行ってきたの?と言われそうなほど、両手にお土産袋たっぷりで家に帰ったときがありました。
普段から駅ナカ内のお店にあちこち顔を出して、いろんなところの商品を買ってたので、
お店の人と顔見知りになり、ご厚意で閉店後に余ったものを内緒でくれたりするようになったのです。

気持ちもとても嬉しいし、食べ物もとても嬉しい。笑
ケーキなど日持ちがしないものが多かったので、持ち帰った両手に余るほどの袋は、
ほとんど自分で食べつくした記憶があります。

でも不思議と食べ過ぎで気持ち悪くなったり、胸焼けしたりしなかったんです。
分量で言ったら、やけ食いの時と同じくらいのはずなのに、気持ち悪くなりませんでした。
とにかく幸せだったんですねきっと。罪悪感もなく食べきった感じです。
ただやはりかなり太りました。体はうそをつきません。笑

たべもの好きすぎる女子は、あまり飲食販売系のアルバイトはやらないほうがいいのでしょうか。笑