駐車場でガス欠をした友人

夜間の授業が終わり車に乗って帰ろうとしたときに、友人の一人が私の車に向かって手を振っています。かなり大げさなバイバイだと思ったのですが、軽く手を上げて合図をしてからアクセルを踏んだのです。

駐車場の出口の方法に車が向いたのですが、未だにこちらに向かってバイバイしています。なぜにこんなに大人気なのか?と疑問に思ってしばらく見ていました。すると、ピンチなので助けて欲しいと合図を送っているだけのようです。

その友人の元に車を回してみたら、「車が止まったまま動かない。助けて」というのです。駐車場の車はほとんど出て行って残っていません。もし私が気づかずに出て行っていたら、かわいそうなことになるところでした。

私が見ても分からないので、ロープで引っ張っていき、給油所に入れたのです。すると、単なるガス欠である事が分かったのです。給油所から学校の駐車場まで車で30秒ほどです。そんなに急いでいたのか、ボケまくっているのか良く分からないエピソードでした。