高校の学園祭を作り上げた思い出

私が初めて学園祭というものを経験したのは、高校生の時になります。私の当時通っていた高校はこの辺りでは珍しい制服のない学校でした。そのため校風も結構自由で、学園祭もそれは楽しいものとなりました。
まず私はその学校の学園祭を作り上げる側として、クラスの展示物やイベントなどを作っていきました。その時の展示物はクラスメイトみんなで協力し合って作成した大きなサイズの絵画でした。ゴッホやピカソなどの画家の有名作品を模したものを、各クラスがそれぞれに当日までに描くというのが課題でした。
そんな出来上がった絵画を校舎の目立つところに展示すると、かなりの迫力があり、当日見に来てくださった保護者の方などに褒めてもらえたことは素直に嬉しかったです。
そして当日は生徒主催のライブやダンス、そしてカフェや屋台といったお店を見て回ったのですが、中には仮装して接客をしていたクラスもあり、そういったものを見るだけでも非常に楽しいものでした。