高校の学園祭思い出

女子高の学園祭に一種の憧れを感じて時期がありました。
中学校の頃は、地域の女子高の学園祭に友人と行って楽しんでいた記憶がありますが、高校生になると他校の学園祭には興味がなくなり、自分の高校の学園祭を楽しむようになりました。

やっぱりイベントごとはその内部が一番盛り上がります。
学園祭の準備をするために徹夜して、小道具を作ったり、授業中に演劇の台本を読んでいたり、昼休みになれば体育館に集まり、練習をして、部活動もありますからそちらも出ながらクラス一丸となって何だか盛り上がっている方が良かったです。

高校1年の頃は何をしていいか、よく分かりませんから、何となくクラスの盛り上げ役に乗っかっていればそれで良かったのですが、友人の誘いに乗り、学園祭の実行委員会の手伝いをしたり、さらに別のクラスの荷物運びなども部活動の好で手伝ったり、とにかく何でもするようになりました。

何となく体を動かして何かをしていれば盛り上がれた不思議な3年間でした。