高校三年生のときの学園祭

私の高校では受験のことが考慮され、学園祭の準備は主に一、二年生によって行われます。私はそれらの低学年のときは「準備なんてめんどくさい」という思いでいたのですが、いざ三年生になるとなんだか物足りなく感じてしまっていました。
しかし、本番になるとそんな気持ちはなくなりました。三年生のためのイベントも多く用意してくれ、それまでとは違い「ありがたさ」を感じながら学園祭を楽しむことができていました。
例えば、三年生の誰かをリーダーとして一、二年生の子とチームを組み、学校内に隠された宝物を探すというイベントがありました。謎解きをしながら協力して探していくのですが、帰宅部だった私はそのときに、高校でおそろらく初めて、低学年の子と積極的に絡む機会を得たのです。
そのイベントが終わると、その子たちは「受験頑張ってください」などと声をかけてくれ、その後の受験勉強に対する大きな励みになりました。そのときは「ありがとう・・」などとなんだか照れくさい感じになってしまったので、もし今後会う機会があったらガッツリと感謝の意を表したいです。