高校受験での不安やプレッシャーは巨大なものでした。

高校受験の時に必要な勉強は、受ける学校によって科目が変わってきます。
高校の受験に多いのが数学、国語、社会、英語が必要になってくることが多いですね。

その時に勉強をする科目が少ないほど、試験でも科目ごとの点数を高く取らないといけないということになりますので、3教科だから簡単というわけにはいきません。
受験の場合は相手が見えないので、どれほど相手が勉強しているのか全く分かりません。

不安なのは受験に来ている相手も同じことで、自分が勉強してきたことが出来るかどうかというのが、受験の時には必要になります。
仕事をし始めてから分かることですが、高校や大学の時の受験勉強と言うプレッシャーは、今でも仕事に生かされているように思います。
あれだけ苦しいことは、これからもないでしょうし、大変なことはないでしょう。

プレッシャーと不安を克服出来るほど、勉強に打ち込めることが出来ることをありがたいと思える時が、きっとくると思いますので、今は頑張って勉強しましょうね。