高校受験では、私立高校などを目指す場合、5科目の学習に

高校受験では、私立高校などを目指す場合、5科目の学習にくわえて面接の対策が必要な場合もあります。基本的に高校受験における面接はそれほど厳しいものではなく、入学の確認程度であるとされていますが、とは言え無対策で切り抜けられるほど容易なものではありません。
そこで、以下では高校受験の面接に対策についてご紹介していきます。

1.基本のマナーを身に付ける
面接試験では、高校生になるに相応しいレベルのマナーが身に付いているかがポイントとなります。例えば、正しい言葉使いができるか、相手の目を見て話すことができるか、服装に乱れがないかといった点です。これらは、事前に練習していけば問題なく修正できます。

2.志望理由は練っておく
面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問の1つに「なぜわが校を志望したのですが」というものがあります。この質問に対しては、素直に答えるというよりも模範解答を暗記していく方が望ましいと言えます。
こうした面接試験では、個性が求められているというより変わり者をふるいに掛けるという意味合いが大きいので、あまり奇をてらった回答はすべきではありません。