高校受験でもラストスパートはとても重要。

受験において、ここまで勉強すれば大丈夫!
ということはありません。
最後の最後まで勉強を続けていると大きな差が
産まれてきます。

私の子供とクラスメートの経験談でもあるのですが
取り組み方の姿勢で高校受験の結果が大きく変わったのです。
二人は、同じ公立高校が目標でした。
高校受験も内申点が合否において、かなりのウエートを
占めます。
内申点の点数を取るためには、日頃の授業態度やレポートの提出等、キチンとした積み重ねによる姿勢で学校生活を送ることが
必要になってきます。
子供のクラスメートは、とても内申点が良かったのですが、息子はその点数がよくありません。
日頃の態度の差と言っていいのでしょう。

志望する高校に合格する為には、内申点の他に試験本番で、
かなり高い点数を取るしかないのです。

しかし、この試験直前のラストスパートでかなり変わって
きたのです。

息子は試験直前の1週間の勉強に対する集中力はすさまじいもので
結果的には息子が試験本番の高得点だけで合格。
クラスメートは点数が伸び悩み不合格となっていました。

日頃の積み重ねが一番、大事なのですか、このように
直前までのラストスパートでも大きく合否を
左右しかねないと思います。