高校受験と大学受験の違い

高校受験を終えて、高校に入ると推薦組と一般入試組の学力の差はそれほど気になりませんでした。
しかし、大学受験を終えて大学に入学すると、推薦組と一般入試組とではここまで差があるのか、と思うくらいに学力の差がありました。

授業を聞いていてもノートの取り方や理解力に関しても入試組の方が要領は良いです。
これは見ていて不思議でした。
高校の頃は何となく「推薦組だから」という言い訳をしている学生もいましたが、実際にそこまで頭が悪いということはなく、むしろ中学時代にきちんと勉強しているらしく、授業にすんなりついて行っていました。

この差はどこから来るのでしょうか。
同じ受験ということでも中学の勉強と高校の勉強では高校の勉強の方が大変です。
それでも推薦が取れるというのは実際に勉強できるからであり、そうであるならば大学に入ってから遅れるということはないはずです。
受験というものが一つの指標になっている理由が見えた気がしました。