高校受験のための塾通い

私は高校受験を控えた中学三年に塾に通い始めました。三年になってから通うのは遅いと思いましたが、両親が通った方がいいと判断して私も渋々了解しました。
でも中途半端な時期に入ったため、授業の進行がわからずついていくことができませんでした。
結局すぐにやめてしまったのですが、受験は無事に合格できたので良かったと思っています。
受験のために塾に通うことも確かに必要かもしれませんが、人には向き不向きがあるため、両親も自分もしっかりと見極めなければいけないと思いました。
受験だからと言って慌てて塾に通っても意味がないと確認することも大事なのです。塾に通うかどうかは問題ではなく、受験生本人にやる気があるのかないのかで判断した方が効率がいいと私は思いました。
受験生本人にやる気がなければいくら塾に通っても成績は上がらないわけだし、結局のところ、本人の意志に任せるしかないのだと感じました。
私はやる気がなかったわけではありません。どんなにレベルが低くても自分の望む高校に行きたかったのです。