高校受験のクラスの雰囲気の思い出

初めての受験が高校受験だったという方は多いのではないでしょうか。私もそうだったのですが、あのときの独特な「何が起きるんだ」という感覚は忘れられません。
私が高校受験を意識し始めたのは中学三年の中頃です。ちょうど学校祭が終わったころにクラスの雰囲気が変わってきて、私もそれに流される形で受験勉強をするようになっていきました。
そのときまでは必死に勉強するのはカッコ悪いというよくある感じの例のあの態度をみんなとっていたのですが、受験日が近づいていくにつれて「昨日どれぐらい勉強した?」などの会話が増えていきました。
受験の1ヶ月前ぐらいになるともうみんな必死でした。推薦で合格した人も出てきて、教室は緊張やらストレスやら興奮やらでそれまで感じたことのない雰囲気で覆われていました。
そして私立の受験が終わりました。私のクラスの多くは合格したのですが、2人だけ不合格だったようです。そして公立の受験も終わり、その2人も見事合格したようで、クラス全員が進路を確定し卒業できることが担任の先生によって発表されました。それまで長く続いた異様な雰囲気が、歓喜に変わったあの瞬間は今でも良い思い出です。