高校受験の体験

高校受験は多くの人が体験する初めての受験だと思います。
受かるか落ちるかで自分の次の学校生活が決まってしまうのです。人生初の大勝負です。
私は中学校に行っても部活動をしており、全く塾に行っていませんでした。
しかし、3年生の秋ごろになって3年生の部活が終わってくるといよいよ受験を意識し始めました。
冬休みから冬季講習というものを始め、3学期もそのあと塾に行っていました。
受験用の勉強は学校の定期テストと違って応用力が必要です。
学校の定期テストなら、教科書や問題集にあったのと同じような問題が出てくるのですぐに解き方を思いつきますが、模擬試験や受験用の試験となると初めてみる問題ばかりで初めは苦手でした。
初めて見るような言い回しや文章の問題だとなんの解決方法を用いていいかわからないからです。
しかし、それも塾で応用問題や難解な問題を解いていくうちに少しずつわかるようになってきました。
数学は苦手なのでわざと難しい問題集を買ってそれを重点的にやりました。
間違った問題を何回も解くことも確実に実力になっていったと思います。
試験本番では緊張しすぎて何が何だかわからず、自己採点も合格ラインぎりぎりでした。
しかし、合格発表を高校まで見に行って自分の番号を見つけた時に本当に飛び上がって喜びました。
高校受験は大変でしたが、今では青春の大事な思い出です。