高校受験の時にあった強さ

高校受験に合格した時よりも大学受験に合格した時の方が嬉しかったです。
そもそも浪人して大学に入ったので喜びが違ったのかもしれませんが、それでもそこに対する感じ方というのは全く違うものでした。

でもどちらの方が勉強したか、と聞かれると高校受験の方が勉強したような気がします。
勉強量は量れませんが、何となく感覚で高校受験の時はひたすら参考書を解いていた記憶があります。

得られる感覚が努力と比例しないことを学んだ瞬間かもしれません。
別に高校受験が嬉しくなかったわけではありませんが、何となく高校受験の時に「落ちる」という可能性は全く考えませんでした。
不思議だったのはその感覚で、少しレベルの高い高校だったので可能性としては落ちることもあり得ましたが、それでも記憶の中では危機感は全くありませんでした。

その無神経さがある意味自分の強さだったのかもしれませんが、大学受験に落ちた時からその無神経さはなくなったと思います。