高校受験の際の苦手教科克服法

高校受験の際に、苦手だった教科をある程度までは克服出来た事があります。その方法はまず、苦手教科の中でも比較的うまくやれそうな事や、簡単に思えるジャンルから手を付ける事です。例えば私は社会科が苦手だったのですが、その中でかろうじて解るのは地理でした。私はとりあえず地理だけでも、平均かそれ以上の点は取れる様に努力しようと思いました。
地理を勉強する時には、ノートに色鉛筆や色ペンを使って、図やイラストを描き入れて楽しんで学習する事にしました。私は絵や図やイラストを描く事が好きなので、これなら嫌いな地理も少し楽しくなってきます。カラフルなノートは見やすいですし一石二鳥でした。どんなにしても覚えられなかった特産物や首都が、大体は記憶出来る様になりました。好きな事と組み合わせる事で、嫌いな教科が以前より少しマシに思えてきて嬉しかったです。
このやり方を世界史などにも少しずつ取り込むことで、日本史・世界史の点数も以前のようにひどい点数を取らずに済むようになりました。