高校時代の学園祭の思い出

学園祭というものを初めて体験したのは中学校の時です。
でも私の通う中学校の学園祭というのは世間一般で想像する学園祭とは全然違うもので、クラスごとに作品を1つ作り上げて展示するというなんとも地味なものでした。
そして高校生になり、初めて学園祭というものを体験しました。
クラスによっては中学の時と同じように作品を作って展示するクラスもありますが、ほとんどが飲食店やお化け屋敷などをやったり、あとは部活ごとに出し物があったりして賑わっていました。
生徒だけでなく近隣の住民も自由に参加することができたので、おじいちゃんおばあちゃんから小さな子供まで校舎内はいっぱいでした。
私は仲のいい友人と一緒にいろんな飲食店を周りフランクフルトなどを口に入れながら展示物を見ていました。
結構驚いたのが漫画研究会の作品たちです。
すごくプロが描いたような漫画があって上手すぎる絵に感動した覚えがあります。
同じような感じで美術部なのかの作品もとても素晴らしかったですね。
今歯娘が通う小学校でも毎年学園祭が行われているのでそれに参加して楽しんでいます。