高校選びのきっかけとなった学園祭

私が中学2年生の時、幼馴染と一緒に姉の通っている高校の学園祭に行きました。
私立高校の為、幼稚園、小学校、中学校、高校と全部一斉に行うので、とても盛大な学園祭でした。
珍しく飲食店の出店もあります。
友人と2人で学校中を見て回りました。
生徒達がみんな仲良しなのがよく伝わってきて、皆さん本当に楽しそうでした。
その光景を見て「私も絶対にこの学校に通いたい!」と思いました。
2年後、私も無事姉と同じ高校に入学する事ができました。
一緒に学園祭に行った幼馴染も同じ学校に入学しました。
学校は想像していた通り、みんな仲良しでほのぼのしてとても楽しい学園生活を送りました。
楽しみにしていた学園祭、
ゲストとして行っていた中学生頃とは違い、今年からは生徒として学園祭を盛り上げていく立場です。
先生の介入は少なく、クラス毎に生徒達みんなで何の出店にするかを話し合って決め、
一緒にお店作りをしました。もめる事も無く、本当に楽しかったです。
終わった後の達成感と、打ち上げの時のジュースがとても美味しかったです。
いい青春の思い出になりました。