魔法の言葉で励まそう!

思春期のお子様を抱える方には、初めての受験ほどとまどうものはないかもしれません。中には子ども以上に切羽詰ってしまう保護者様も多いのではないでしょうか。

受験勉強をしている子どもに対し、どうやって接したらいいのか分からないという方は少なくありません。親も分からないことが多いので、つい二言目には「勉強しなさい。」しか言えなくなり、子どもと喧嘩をしてしまったりすることがあるかと思います。もちろん言いたくなってしまう気持ちも分かりますが、実際に試験を受けるのは子どもなわけですから、出来るのであれば「やる気にさせる」声掛けをしていきたいですよね。

もっと勉強してほしいと思ったら、「努力は嘘をつかないからね。」と言ってみましょう。
なかなか学力が伸びていないと思ったら、「大丈夫、結果は後からついてくるから。」
といったように、思ったことをストレートに言わないことがコツです。

もっと勉強しなければいけないことや、学力が伸びていないことは子どもが一番分かっています。分かっていることを言われたら子どもも腹が立ちます。

こんなことで喧嘩しても仕方がないので、保護者の皆様に励ましの達人になってもらいたいのです。そうすることで受験を通して親子ともに成長していけると思っています。