AO入試で選択肢を広げるコツ

目標とする大学はあるけど、センター試験を勝ち抜く自信がない……。
その大学に行きたい熱意は誰にも負けない!

そんな学生にチャンスを与えるのが、AO入試という制度です。
これは、高校内で平均~ややその少し上くらいの学力があり、特定の大学に入る熱意のある学生を募集する、というものです。
センター試験が学力ならば、AO入試は勤勉さを含む人間性と、熱意を見ることになります。

AO入試攻略のコツは、以下のとおりです。
まず、大学に関する情報を集め、オープンキャンパスに何度も参加してください。
オープンキャンパスでは、入りたい学科の教授にカウンセリングを申し込むことができます。これはオープンキャンパスの度に行うのがおすすめです。カウンセリングしてくれた教授が本番で面接官だった、というのはよくあることなのです。

次に、小論文対策を早めにとってください。
高校生で800字~1000字程度の文を書く機会はあまりありません。
小論文と感想文は全く書き方が異なることに気づくことが大切です。
大学受験を意識した段階で早めの小論文教本なり、対策してくれる先生なりに接触しておくと楽になります。
大学では更に多い字数のレポートが大量に出てくるので、これを機に練習してみるのがいいですね。

最後に、学生生活を真面目に送ることです。
AO入試でチェックされる項目の一つに評定平均があります。
つまり、学校の授業を真面目に受けて先生から良い評価をもらえばいいのです。
学生として礼儀正しく自信を持って生活していれば、自然と面接も怖くなくなります。
挙げた3つの中では一番難しいかもしれませんが、これを身につけると本番がいかなる受験環境でも安定して場に適応できると思われます。

以上の3項目に注意すれば、憧れの大学に入学することも夢ではありません。
最後まで力を振り絞って、納得の行く結果が出せるといいですね。