FPS愛好サークルについて

私は学生時代FPS愛好サークルに所属していました。主な活動内容は、FPSについて情報収集をすると共に、実際プレイして技術の向上を目指すというものです。
FPSとは一人称視点のシューティングゲームのことです。
メンバーでプレイしているゲームが一致していれば、その人と組んでオンラインの戦場に立つことも多々有りました。
当時私が好きだったのはライジングストームという第二次世界大戦モノで、独ソあるいは日米に分かれて対戦します。
サークルの中にも偶然そのソフトのファンがいたので、私はその人とはよく組んで戦うようになりました。
リアル系と言われるものは一発のダメージがとても大きく、運が悪ければ2発目はありません。
そのような極限状況の中で戦うわけですが、プレイ時間が伸びるに連れてキル率が着実に上がっていることに気づきました。
1回やられたら3人討ち取る、を目標に戦っていた結果でしょう。
サークルに所属して1年経つ頃にはゲームの上位者に近くなっていました。試合に勝つだけでもかなり達成感が味わえますので、技術の向上を目指すきっかけとなったこのサークルに参加してよかったと思っています。