GSのビラ配りのバイト

初めてのバイトは高校の時でした。
ガソリンスタンドの雑務兼、ビラ配りです。
雑務の方は上手こなせたのですが、問題はビラ配りでした。
田舎ですので、通行人に渡す方法ではありません。
なんと信号待ちしている車の列に入っていき、車線の真ん中に行き、運転席の窓を叩いて開けてもらって配るのです。
今なら確実に問題になりそうな方法です。
意外と受け取って貰えたのは良かったのですが、炎天下の中、多感な時期の小娘にはだんだん精神的に追いつめられてしまいました。
残りはあと四日でしたが、もう辞めたいと上の方に言うと、もう少しだからと励まされ、
食事に連れていってもらいました。しかもちゃんとした寿司です。
いまだったら、お金かかっただろうし、優しい人だったなと解るのですが、当時は自分の事で頭がいっぱいでした。
無事にバイトが終了してお金を貰った時、初めて稼いだお金に感動。
ここで家族などに奢れば美談でしたが、若かったのですぐに使ってしまいました。
働くのは本当に大変なんだと、思い知った初バイトでした。
時給は当時の最低賃金すれすれの604円でした。