IKEAで疑似同棲?

大学時代、お互いの家を行き来していた私と彼。
大学の目の前に住んでいた彼と、離れた都会の実家に住んでいた私は、ショッピングを楽しみたいときは私の実家、帰るのが遅くなった日は彼の家とふたつ家があるような感じでした。
デートではインテリアショップを周るのがいつものコースです。
ふたりで家で過ごすことが多くなると、自然と家具を充実させたくなります。
IKEAに出かけると、あっという間に半日が過ぎてしまいます。
IKEAにはキッチンやリビング、バスルームといったスペースごとに、モデルハウスのように展示されています。
ここでデートしていると、将来ふたりで一緒に暮らしたときや、もしかして結婚するようなことがあったりしたときの生活を疑似体験しているようです。
今は実家と小さな一人暮らしの部屋とで、なかなか好きなようにインテリアを置くことはできません。
実際に今は買えなくても、将来買うことになったときに良いものを選べるように、ふたりでインテリアを見る目を養うことにつながりました。